前の記事に書いた通り、素振りをしています。
そんな中思ったんですが、自分はどうもグリップチェンジが下手なような気がします。
何か遅いような気がします。

グリップチェンジのコツなどを調べてると、リターンの時のグリップなどに付いて書かれた記事があり、それを読んでるとフォアハンドのグリップでリターンの構えを取ってる人が多いそうです。
錦織なんかはそんな感じだったと思います。

自分は何となくコンチネンタルで構えていました。
スライスで取り敢えず返すという場合には便利なんですが、そういうボールは大抵チャンスボールになることが多く、スマッシュを綺麗に決められてしまう事が多かったです。


改めて考えてみるとフォアハンドのグリップで構えるのは、メリットが大きいような気がします。
まず第一にフォアで打ちやすいです。
バックに来た時はどうするかですが、そう言う時こそスライスで取り敢えず返すか、回り込みフォアハンドを打てば良いです。
また、予めフォアハンド側を開けていれば、必然的にフォアで返しやすくなると思います。
デュースサイドの場合は、センターにも戻りやすくなります。

逆にアドサイドの場合はバックハンドのグリップで構えるというのもアリかもしれません。
立ち位置もセンター寄りにして、バックで返す事になります。

更にその逆にフォアハンドのグリップで構えるのも良いかもしれません。
必然的にアドサイドでフォアで打つと右側がガラ空きになり、狙われやすくなります。
でも速いボールを打てれば、そうそう決められるものではないと思います。
これも駆け引きの一つかもしれません。


テニプリの技に手塚ゾーンという物があります。
これは相手が自分がいる場所に打ってくるので動く必要が無くなるという技です。
これは自分がボールを打った直後に相手がどう言うボールを返してくるか予測できたら実現可能なんじゃないかなあと思います。
主導権を握ると言う奴です。


一般的にサーバーが主導権を握る事が多く、リターン側はその主導権を奪い返す必要があります。
そのためにはやはりスライスで返すだけのリターンってのはあまり良い手では無いと思います。
リターンミスの次くらいに良くない手だと思います。

リターンミスが続いたら、コンチネンタルでスライスで返すようにして、そうでなかったらフォアハンドかバックハンドに山を張ってグリップを準備しておくと良いような気がします。


逆にサーバーは主導権を奪われる事なくポイントを取る必要があります。
ラリーが長引くにつれて、リターン側が有利になるので、3球目くらいでポイントが取れるのが理想だと思います。

あとふと思ったんですが、自分の立ち位置で相手が何処に打つのか予測できるように思います。
例えば、デュースサイド側に自分がいれば相手はオープンコートのアドサイド側に打ってくる事が多いはずです。
なので、自分はバックハンド側のグリップを準備していれば良いことになります。
上手い人がそう言うことをしているのかどうかは分かりませんが・・・。