先日の試合をまだ引きずっています。
何となく思い出したんですが、あまり足が動いてなかったような気がします。
特に酷かったのがリターンゲームで、リターンした後にその位置で止まっていたような気がします。
普段はダブルスばかりやっているので、その癖が出てしまっていたような気がします。
テニスは足ニスとはよく言ったもので、フットワークが良くないとほぼ勝てないように思います。
サイドからセンターに戻る動きは反復横跳びの動きに似てるので、時々やろうかなと思ってる所です。
多分、ショットを緩く打ってでもポジショニングはしっかりやった方が良いと思います。


最近、「テニス丸ごと一冊戦略と戦術」を読んでいるんですが、改めて読んでみると成る程と思う所が多々あります。
もっと読み込んでいくべき本だと思いました。
その本に相手をよく見るべしと書いてあったんですが、試合では殆ど返すだけになっていて、なかなか相手を見れていませんでした。
相手を見つつボールも見る必要があって、これは壁打ちだけでは習得しにくいように思いました。

壁打ちで思ったんですが、壁打ちでも極力実戦形式でやった方が良いように思いました。
サーブから始めたり、リターンポジションから始めて、ポイントが決まったらラリーを止めたりした方が良いように思いました。
もちろんポジショニングも意識したい所ですが、打った瞬間に何処に返ってくるか分かるのでそこまでは出来ないかもしれません。