水泳してきました。

クロールですが、左右の手を心臓を中心にして正反対になるように動かすと少し早くなった気がしました。
テニスのサーブの打ち方についてのコラムで、両腕を上に上げた状態は不自然で、片方の腕を上げた場合は、もう片方の腕を上げるべきでないと言うような事が書かれていました。
水泳の動きにも同じ事が言えると思います。
例えば右腕を上に上げている時は左腕は下げているべきだと思います。
恐らく、このように動かした方が、僧帽筋に負担がかかりにくいように思います。
逆に両腕を上に上げた状態を作ると僧帽筋に負担がかかります。
水泳選手はあまり僧帽筋が大きい人はいませんが、恐らく泳ぐ時には使うべきではないように思います。



あと、水をかく時に下方向にかきます。
この時に体がどうしても上に浮かんで、その反動でその後に沈みます。
体の上下動は無駄な動きだとは思うのですが、案外この方がスムーズに進んだような気がします。
平泳ぎでは体は上下動してますが、割とスムーズに進みます。
多分、体が水上と水中に半々ずつあるよりも、全て水中にあった方が、受ける抵抗は少ないように思います。
オリンピックの水泳を見ても飛び込んだ後は、しばらく水中で進みます。
これもその理由の一つだと思います。