今日は暇だったのでクロールの足の動きについて考えていました。
クロールの足の動きについて調べてみると、キックによる推進力はあまりなく、姿勢を維持するためにやるものだと書かれていました。
この辺りは自分も知っていたことでした。
ここで一つ疑問に思ったんですが、ケノビだと姿勢は維持されるのにクロールだとキックしないと姿勢が維持できないのは何でだろうという事です。

少し考えた結果、腕の動きが関係してるように思いました。
腕をかき始めた段階では水を上から下に押すような動きになります。
すると肩に対して上方向の力が働き、上体が起きてしまいます。
上体が起きてしまうと、足は下に下がってしまい、それらが進行方向に対して抵抗になり、あまり進まなくなる訳です。

足を姿勢維持に特化させる場合、足は腕のかき始めと同時に蹴ると良いと思います。
こうする事で、姿勢が維持されて、抵抗を受けにくくなると思います。