フラットサーブが入らない件について調べていました。
いくつかの記事に完全に無回転のボールだとよほど身長が高くないと入らないと言う事が書かれていました。
なのでやはり回転をかける必要があると書かれていました。

そこでやはり自分も少しトップスピンをかけようと思いました。
以前、自分もフラットサーブにトップスピンをかけていました。
その時の打ち方としてはトスの位置はスピンサーブと同じくらいで、腕とラケットを一直線にして打ってました。
この時の感覚としては打ちにくいことこの上なかったです。
絵にするとこんな感じです。

FullSizeRender

この絵の黒線で書いてる打ち方が、以前やってた打ち方です。
ポイントとしては腕とラケットがほぼ一直線になっていて、肩を中心に腕とラケットが円運動をする感じです。
打ちにくさの原因は頭と腕が重なるぐらい近くなるせいです。
以前、この打ち方でフレームショットを連発したことがあります。
ちなみに、もう少し打点が右側にあるともう少し打ちやすくなります。


今回、試してみる打ち方は赤線で書いたような打ち方です。
ポイントは腕とラケットに少しだけ角度が付いている点です。
この角度を付けるために少しだけ、前腕のプロネーションを使おうと思っています。

ちなみにスピンサーブの打ち方は緑色の線で表しています。
ポイントは腕とラケットの角度が90度くらいになっている所です。
こうする事で回転がよりかかりやすくなります。

少し素振りしてみました。
やってみた感じ的にはスイングスピードが足りない感じがしました。
足りない原因としてはやはり振り下ろすようなスイングになっていないせいだと思いました。
そのせいで広背筋が使えていないように思いました。
フェデラーのフォームを見てると上体が少し斜めになっています。
こうする事で、振り下ろすようなスイングをしているように思います。

スピンサーブでも同じ打ち方が可能で、少しスピンをかけたフラットサーブとの違いは少しスイングスピードを落とすと良いはずです。
スイングスピードが落ちる事でラケットと腕に角度が付いて回転がかかると思います。