久々にウォーキングネタです。
前にも言ってましたが、歩く時に右足に違和感を感じます。
何となく足の内側を上手く使えておらず、外側だけ使ってる感じがします。
現に靴の外側がよくすり減っています。

恐らくこの違和感の原因は左右の体重差によるものと思います。
人体は肝臓が右側にあるせいで、重心が右側にあるそうです。
左足で立っている時は割とバランスが取れるのですが、右足だと少し不安定になります。
これは左足の場合は足の内側の上に上体が来る様に立つと重心のバランスが取れる一方で、右足の場合は足の外側の上に重心が来るようになるからだと思います。

対策としてはやはり左半身をどうにかして重くするべきだと思います。
ですが、自分の場合は筋肉量も右半身の方が多いので、なかなか難しいです。
手っ取り早いのが腕時計などをすることですね。



試しに足を離す時にふくらはぎの筋肉を使って地面を蹴るように歩いたら内側を使うようになった気がします。


足首を限界まで曲げると、その反動で脹脛の筋肉が働き、地面を蹴りながら歩くようになります。
コツとしては後ろ足を残すようにすると良さそうでした。
この歩き方が理想的なのかもしれません。